テラノ君のはまり生活〜まだまだつづくよ〜

    小学生テラノの生活レポート
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author : スポンサードリンク | - | | - | -
折り紙にはまる。
 小学1年の頃僕の学校では、折り紙が流行した。
来年入学する新一年生を招待することになり僕の班は折り紙をプレゼントすることになったのだ。
それで僕は毎日おりがみを折った。
鶴、箱、・・・。作るうちに家に恐竜折り紙の本があったことを思い出した。
『新・折り紙ランド 恐竜おりがみ1』
   川畑文昭 著 誠文堂新光社

この本の恐竜は一人で折れるものもあったが、僕には少し難し過ぎてお母さんの助けが必要なものが多かった。
だから、僕は勝手に折るようになったのだ!
鶴の折り紙を変形させて作り出した。
それで出来たのが僕の恐竜おりがみなんだ。
 その後でお母さんが新しい本を買って来た。
『折鶴から折る おりがみ 恐竜大国』
   山田勝久   誠文堂新光社
 
僕の発想は間違ってなかった鶴からの進化!
僕の作った折り紙をテラノ工房で紹介しよう!

 以下テラノ工房の折り紙はテラノが作っていって出来上がったものですが、私もどれだけオリジナルとなっているのか、本人の頭の中のことでよくわかりません。
 ですから、この上に記した本は参考文献として載せました。
テラノ工房で紹介する折り紙はこの本を参考にして出来上がったものとしてご覧ください!               テラノ母

author : テラノ | テラノの歴史 | 16:32 | comments(0) | -
トイレットペーパー虫誕生!
トイレットペーパー虫ある日僕は、トイレでトイレットペーパー芯とであった。
トイレから出ると僕は鉛筆でクワガタのあごを描いていた。
そして出来上がったのが、このトイレットペーパー虫だ楽しい
これは、とても簡単で大量生産にも対応できそうだったのだが、友達からの注文は残念ながら入らなかった悲しい
 これは僕が幼稚園の年長の時のことだった。

author : テラノ | テラノの歴史 | 18:39 | comments(0) | -
僕はムシキングのペーパークラフトとであった。
 僕は幼稚園時代にコンビニでムシキングのペーパークラフトのおまけの付いたお菓子に出会った。
姉達が一つずつお菓子を買ってもらったので僕はこれを選んだ。
 それから何度もこのお菓子を何かにつけて買ってもらった。
もちろん僕の目的はお菓子ではなく、ペーパークラフトだった楽しい
なかなか目的のカブトに巡り会わないので母と僕は厚紙に絵を描きペーパークラフト作りに精を出した。
そして、改良を重ねて僕のペーパークラフトが出来たのだ!
 以前にも紹介している。
 僕のペーパークラフト。
 これを本を見ながら長さを測り作った。
 一応実物大だ。
author : テラノ | テラノの歴史 | 12:29 | comments(0) | -
クワガタとカブト虫の本を作った。
 僕がまだ幼稚園生の頃、夏休みに本を写した鉛筆
クワガタとカブトの本だ楽しい
 女お姉ちゃんが夏休みの自由研究にカブト虫とクワガタの研究をしていた。
図書館から借りてきた本読書を見ていたら僕も研究がしたくなった見るのだ。
気がついたら画用紙を切り始めていた。
そして、出来上がったのがこの本だ楽しい
クワガタ


 図書館から本を借りてきて
 クワガタの本を写した。

カブト虫の本


カブト虫の本も写した。

author : テラノ | テラノの歴史 | 08:42 | comments(0) | -
初めての大作
機関車
 僕が幼稚園生の頃、
 お腹をこわして園を
 数日休んだことがある。
 前の日点滴を受けて
 手にはばんそうこうを貼られて
 僕は退屈にしていた。
 そんな時、
 思いついたのが機関車作りだ!楽しい
機関車段ボウル

段ボウルをくっつけて
僕が乗れるほどの大きさにした。
しばらくはこの機関車に乗って遊んだが、
元気になり僕が幼稚園に通い始めて
いつのまにか消えていた。悲しい
写真だけがかろうじて
残っていた。でんしゃ
  


author : テラノ | テラノの歴史 | 09:54 | comments(0) | -
はまり生活のはじまり
マヨケチャ


僕のはまり生活のはじまりは、本を写すことから始まったようだ。
大好きな本『マヨケチャ』をお絵描き帳に写した。
参考絵本『マヨケチャ 
    『マヨケチャ◆
    『マヨケチャ レストラン』
    『マヨケチャ プレイランド』
author : テラノ | テラノの歴史 | 09:22 | comments(0) | -